ArchLinux でのソフトウェアに関するページです。

PDF 閲覧

PDF 閲覧用に evince をインストールしたが、日本語が埋め込まれていないファイルが文字化けして見られなかった。poppler-data をインストールすればよいらしい。ついでに GIMP の文字化けも解消される。

pre> % sudo pacman -S poppler-data

/pre>

profile-sync-daemon

ブラウザのプロファイルを tmpfs(RAM) に移動して、不要な HDD/SSD へのアクセスを減らすデーモン。デフォルトでは1時間に1回ディスクにプロファイルを書き戻してくれる。

pre> $ yaourt -S profile-sync-daemon

/pre> 設定ファイル (/etc/psd.conf) (~/.config/psd/psd.conf)を編集する。

pre> USERS="itou-r" BROWSERS="firefox chromium" USE_OVERLAYFS="yes" BROWSERS="chromium firefox google-chrome"

/pre> systemd に登録する。

pre> $ sudo systemctl enable psd $ sudo systemctl start psd $ systemctl --user enable psd $ systemctl --user start psd

/pre>

pcmanfm

LXDE 標準のファイルマネージャ。gvfs をインストールすると、リムーバブルメディアを挿すと自動認識してくれるので便利。

pre> $ yaourt -S gvfs gnome-icon-theme pcmanfm

/pre>

pcmanfm.png

scrot

コマンドラインでスクリーンショットを撮るコマンド。

カレントウィンドウを撮る。

pre> $ scrot -u

/pre> スクリーンショットを n 秒遅れて撮る。その間に、スクリーンショットを撮りたいウィンドウをアクティブにすればよい。

pre> $ scrot -d n

/pre>

-c を追加すると、1秒毎にカウントダウンしてくれる。

pre> $ scrot -u -d 10 -c pcmanfm.png Taking shot in 10.. 9.. 8.. 7.. 6.. 5.. 4.. 3.. 2.. 1.. 0.

/pre>

Adobe Flash Player

pre> $ &color(blue){yaourt -S flashplugin{; 依存関係を解決しています... 相互衝突をチェックしています...

パッケージ (1): flashplugin-11.2.202.406-1

Total Download Size: 8.30 MiB Total Installed Size: 22.67 MiB

:: インストールを行いますか? [Y/n] y :: パッケージを取得します ...

flashplugin-11.2.20...     8.3 MiB  2.99M/s 00:03 [######################] 100%

(1/1) キーリングのキーを確認 [######################] 100% (1/1) パッケージの整合性をチェック [######################] 100% (1/1) パッケージファイルのロード [######################] 100% (1/1) ファイルの衝突をチェック [######################] 100% (1/1) 空き容量を確認 [######################] 100% (1/1) インストール flashplugin [######################] 100%

>> 
>> If you have an NVIDIA card that supports libvdpau or Broadcom Crystal HD chips,
>> uncomment EnableLinuxHWVideoDecode=1 from /etc/adobe/mms.cfg.
>> If you run into problems, please contact nVidia or Broadcom along with your system config info / driver version.
>> 

flashplugin の提案パッケージ

   libvdpau: GPU acceleration on Nvidia card [インストール済み]

/pre>

libreoffice

ArchLinux/LibreOffice

画像ビューア

gThumb

GNOME Desktop の画像ビューア。サムネイル表示機能やブラウザ機能がある。

feh

コンソール向けの画像ビューア。Mplayer のように操作は原則キーボードで行う。軽量。

エディター

vim

pre> $ sudo pacman -S vim [sudo] password for itou-r: 依存関係を解決しています... 相互衝突をチェックしています...

パッケージ (4): libyaml-0.1.6-1 ruby-2.1.3-2 vim-runtime-7.4.459-1

               vim-7.4.459-1

Total Download Size: 9.34 MiB Total Installed Size: 45.87 MiB

:: インストールを行いますか? [Y/n] y :: パッケージを取得します ...

vim-runtime-7.4.459...     4.8 MiB  3.31M/s 00:01 [######################] 100%
libyaml-0.1.6-1-x86_64    53.0 KiB  17.2M/s 00:00 [######################] 100%
ruby-2.1.3-2-x86_64        3.4 MiB  3.06M/s 00:01 [######################] 100%
vim-7.4.459-1-x86_64    1121.4 KiB  3.43M/s 00:00 [######################] 100%

(4/4) キーリングのキーを確認 [######################] 100% (4/4) パッケージの整合性をチェック [######################] 100% (4/4) パッケージファイルのロード [######################] 100% (4/4) ファイルの衝突をチェック [######################] 100% (4/4) 空き容量を確認 [######################] 100% (1/4) インストール vim-runtime [######################] 100% (2/4) インストール libyaml [######################] 100% (3/4) インストール ruby [######################] 100% The default location of gem installs is $HOME/.gem/ruby Add the following line to your PATH if you plan to install using gem $(ruby -rubygems -e "puts Gem.user_dir")/bin If you want to install to the system wide location, you must either: edit /etc/gemrc or run gem with the --no-user-install flag. ruby の提案パッケージ

   ruby-docs: Ruby documentation

(4/4) インストール vim [######################] 100%

/pre>

Remote Desktop

remmina

Windows の Remote Desktop Protocol も使う場合は、freerdp パッケージをインストールする必要あり。

pre> $ sudo pacman -Rs freerdp remmina [sudo] password for itou-r: 依存関係を確認...

パッケージ (5): libssh-0.6.3-1 libunique-1.1.6-6 vte3-0.36.3-1

               freerdp-1.0.2-7  remmina-1.0.0-12

Total Removed Size: 5.54 MiB

:: 以上のパッケージを削除しますか? [Y/n] y (1/5) 削除 remmina [######################] 100% (2/5) 削除 vte3 [######################] 100% (3/5) 削除 libunique [######################] 100% (4/5) 削除 libssh [######################] 100% (5/5) 削除 freerdp [######################] 100% [itou-r@tpx200 ~]$ sudo pacman -S freerdp remmina 依存関係を解決しています... 相互衝突をチェックしています...

パッケージ (5): libssh-0.6.3-1 libunique-1.1.6-6 vte3-0.36.3-1

               freerdp-1.0.2-7  remmina-1.0.0-12

Total Installed Size: 5.54 MiB

:: インストールを行いますか? [Y/n] y (5/5) キーリングのキーを確認 [######################] 100% (5/5) パッケージの整合性をチェック [######################] 100% (5/5) パッケージファイルのロード [######################] 100% (5/5) ファイルの衝突をチェック [######################] 100% (5/5) 空き容量を確認 [######################] 100% (1/5) インストール freerdp [######################] 100% (2/5) インストール libssh [######################] 100% (3/5) インストール libunique [######################] 100% (4/5) インストール vte3 [######################] 100% (5/5) インストール remmina [######################] 100% remmina の提案パッケージ

   libxkbfile [インストール済み]
   freerdp [インストール済み]
   telepathy-glib
   gnome-keyring
   nxproxy

/pre> インストールしたら、一度再起動しないと RDP はメニューに出てこない。

別マシンの設定をコピーする。

pre> $ rsync -avz IP address or hostname:/home/hogehoge/.remmina/ .remmina/ receiving incremental file list created directory .remmina ./ 1397907075904.remmina 1398519393550.remmina 1406156973204.remmina remmina.pref

sent 103 bytes received 1,741 bytes 283.69 bytes/sec total size is 2,314 speedup is 1.25

/pre>

Utility

inxi

ハードウェア情報を集めるスクリプトコマンド。dmidecode, hddtemp, lm_sensors などもインストールすると、集まられる情報量を増やすことができる。

ThinkPad X200 での実行例

pre> $ inxi -Fxz Resuming in non X mode: xrandr not found. For package install advice run: inxi --recommends System: Host: tpx200 Kernel: 3.16.3-1-ck x86_64 (64 bit gcc: 4.9.1)

          Desktop: Awesome 3.5.5 Distro: Arch Linux

Machine: System: LENOVO product: 7454CTO v: ThinkPad X200

          Mobo: LENOVO model: 7454CTO
          Bios: LENOVO v: 6DET72WW (3.22 ) date: 10/25/2012

CPU: Dual core Intel Core2 Duo P8600 (-MCP-) cache: 3072 KB

          flags: (lm nx sse sse2 sse3 sse4_1 ssse3 vmx) bmips: 9575
          clock speeds: max: 2401 MHz 1: 2400 MHz 2: 2400 MHz

Graphics: Card: Intel Mobile 4 Series Integrated Graphics Controller

          bus-ID: 00:02.0
          Display Server: N/A driver: intel Resolution: 80x24

Audio: Card Intel 82801I (ICH9 Family) HD Audio Controller

          driver: snd_hda_intel bus-ID: 00:1b.0
          Sound: Advanced Linux Sound Architecture v: k3.16.3-1-ck

Network: Card-1: Intel 82567LM Gigabit Network Connection

          driver: e1000e v: 2.3.2-k port: 1840 bus-ID: 00:19.0
          IF: enp0s25 state: down mac: <filter>
          Card-2: Intel Wireless 7260
          driver: iwlwifi v: in-tree: bus-ID: 03:00.0
          IF: wls1 state: up mac: <filter>

Drives: HDD Total Size: 512.1GB (8.5% used)

          ID-1: /dev/sda model: Crucial_CT512MX1 size: 512.1GB temp: 36C

Partition: ID-1: / size: 470G used: 41G (10%) fs: ext4 dev: /dev/sda1 Sensors: System Temperatures: cpu: 43.0C mobo: 39.0C

          Fan Speeds (in rpm): cpu: N/A fan-1: 1961

Info: Processes: 101 Uptime: 16:14 Memory: 375.2/3848.1MB

          Init: systemd Gcc sys: 4.9.1
          Client: Shell (bash 4.3.241) inxi: 2.2.8 

/pre>


添付ファイル: filepcmanfm.png 180件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-09 (木) 13:59:02 (496d)