GIGABYTE の GB-BXBT-1900 に ArchLinux をインストールした際のメモ。

機種固有の問題

再起動時にハングアップする

BIOS F5にはXHCIモードの設定があり、デフォルトのAutoのままでは再起動の時にハングアップするという問題があった。しかし、F8に更新したらXHCIモードの設定メニューがなくなり、再起動も問題なく実行されるようになった。

無線LANが不安定

Fix for the Realtek RTL8723BE driver in Ubuntu Trustyに解説あり。使われている無線LANモジュール RTL8723BE 用のドライバの省電力関係に不具合があるのが原因と思われる。解決法は2つあり、一つは rtl8723be モジュールにオプション指定する方法で、もう一つはカーネルモジュールを最新版に書き換える方法である。とりあえず前者のやり方で動いたので、深く検討しなかった。そもそも 5GHz 帯が使えないので、いずれ無線LANカードを交換したい。

/etc/modprobe.d/rtl8723be.conf

pre> options rtl8723be fwlps=N ips=N

/pre>

参考:networking - Wifi problems with rtl8723be in Ubuntu 14.04 - Ask Ubuntu

Base install

今時のマシンなので、EFIインストールする。基本的に、 Arch Linuxインストール (OSインストール編)| UEFI, GPT, XFSを使用してインストール | 普段使いのArch Linuxにしたがって作業すれば良い。光学ドライブがないので、USBメモリを使ってインストールする。

pacstrap の実行時に

pre> error: key "5F702428F70E0903" could not be looked up remotely

/pre> と表示されて先に進めない。[SOLVED] Pacman Issue: Key cannot be looked up remotely / Newbie Corner / Arch Linux ForumsによればSébastienのkeyringが正しく認識されていないのが原因なので、以下のコマンドを実行してkeyringを更新すればよい。

pre>

# dirmngr < /dev/null

# pacman-key --refresh-keys

# pacman -Syyu

/pre>

ネットワークの設定

有線

デバイス名は enp3s0。使用されているチップは、Realtek RTL8111G。

無線(WiFi)

デバイス名は wlp2s0。使用されているチップは、Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8723BE。

カスタムスタートアップスクリプト・サービス

あらかじめ、/etc/wpa_supplicant/wireless.confにWPAの情報などを書き込んでおく。例、

pre> ctrl_interface=DIR=/run/wpa_supplicant GROUP=wheel update_config=1 fast_reauth=1

#ap_scan=1

# Simple case: WPA-PSK, PSK as an ASCII passphrase, allow all valid ciphers

#

# Home network={

	ssid="some SSID"
	psk=************************************************************
	priority=300

}

/pre>

/etc/systemd/system/network-wireless@.service

pre> [Unit] Description=Wireless network connectivity (%i) Wants=network.target Before=network.target BindsTo=sys-subsystem-net-devices-%i.device After=sys-subsystem-net-devices-%i.device

[Service] Type=oneshot RemainAfterExit=yes

ExecStart=/usr/bin/ip link set dev %i up ExecStart=/usr/bin/wpa_supplicant -B -i %i -c /etc/wpa_supplicant/wireless.conf ExecStart=/usr/bin/dhcpcd %i

ExecStop=/usr/bin/ip link set dev %i down

[Install] WantedBy=multi-user.target

/pre> サービスを有効にし、起動する。

pre>

# systemctl enable network-wireless@wlp10s0:.service

# systemctl start network-wireless@wlp10s0:.service

/pre>


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-06 (土) 17:22:31 (470d)