ThinkPad X61 での ArchLinux の設定に関するページです。

Volume キー

画面の照度調整などは標準インストールで使えるようになったが、Awesome WM ではボリュームの調整ボタンが使えなかった。xbindkeys パッケージをインストールして、設定ファイルに volume キーに関する記述をすればよい。

% sudo pacman -S xbindkeys
依存関係を解決しています...
相互衝突をチェックしています...

パッケージ (1): xbindkeys-1.8.6-1

Total Download Size:    0.02 MiB
Total Installed Size:   0.05 MiB

:: インストールを行いますか? [Y/n] y
:: パッケージを取得します ...
 xbindkeys-1.8.6-1-x...    20.5 KiB   133K/s 00:00 [######################] 100%
(1/1) キーリングのキーを確認                       [######################] 100%
(1/1) パッケージの整合性をチェック                 [######################] 100%
(1/1) パッケージファイルのロード                   [######################] 100%
(1/1) ファイルの衝突をチェック                     [######################] 100%
(1/1) 空き容量を確認                               [######################] 100%
(1/1) インストール xbindkeys                       [######################] 100%
xbindkeys の提案パッケージ
    tk: xbindkeys_show
% xbindkeys -d > ~/.xbindkeysrc

以下の内容を ~/.xbindkeysrc に追加。

# Increase volume
#"amixer  set Master 2dB+"	←dBで指定すると、Invalid command で不可だった。
"amixer  set 'Master' 5%+"
  XF86AudioRaiseVolume

# Decrease volume
#"amixer set Master 2dB-"
"amixer  set 'Master' 5%-"
  XF86AudioLowerVolume

# Toggle mute
"amixer set Master toggle"
  XF86AudioMute

.xinitrc に awesome を起動する前に xbindkeys を実行するよう記述する。

xbindkeys	←追加
exec awesome

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-26 (金) 10:07:05 (1484d)