OpenWRTの時間設定に関するページです。

時計

参考:

BusyBoxのdateコマンドは、標準的なdateコマンドと受け付ける形式が違うので注意。(情報源:えびめも(2003-02-07)

# date -s "2007.10.28-22:18:00"

でも、再起動すると、また時計が2000年1月1日に戻ってしまう。きちんと運用するには、NTPを使わねばだめか。

時間帯

OpenWrt/Kamikazeからは Timezone は system.@system[0].timezone に格納されるようになったので、自分の地域の時間帯に変更するには、uci コマンドを使うことになる or /etc/config/system ファイルに記述すればよい。
OpenWrtDocs/Kamikaze/Timezones - OpenWrt

/etc/config/system ファイルを編集する場合

日本

config system
	option hostname	ホスト名
	option timezone	JST-9
	option zonename	Asia/Tokyo

タイ

config system
	option hostname	ホスト名
	option timezone	IST-7
	option zonename	Asia/Bangkok

uci コマンドを使う場合

日本

# uci set system.@system[0].zonename="Asia/Tokyo"
# uci set system.@system[0].timezone=JST-9
  • /etc/config/timezone
    config timezone
    	option posixtz JST-9
    	option zoneinfo 'Asia/Tokyo'
  • /etc/TZ
    JST-9

タイ

# uci set system.@system[0].zonename="Asia/Bangkok"
# uci set system.@system[0].timezone=IST-7
  • /etc/config/timezone
    config timezone
    	option posixtz IST-7
    	option zoneinfo 'Asia/Bangkok'
  • /etc/TZ
    IST-7

共通

# uci commit system
# timezone=$(uci get system.@system[0].timezone); [ -z "$timezone" ] && timezone=UTC; echo "$timezone" > /tmp/TZ

以上の作業でタイムゾーンがJSTにはなるが、まだ時刻の同期はとれていない。

ntpd

一時的に ntpd パッケージが壊れていた時期があったので、下に示す ntpclient の利用が勧められていた頃もあったが、最近は大丈夫である。

インストール

# opkg install ntpd ntp-utils

設定

/etc/ntp.conf ファイル中、server パラメータを各自の環境に合わせて編集する。

日本標準時プロジェクト 公開NTPを利用する場合

server -4 ntp.nict.jp iburst
server -4 ntp.nict.jp iburst
server -4 ntp.nict.jp iburst

特定の NTP サーバを利用する場合

server NTPサーバ名 あるいは IPアドレス

複数ある場合は、列挙すればよい。

起動と自動起動の設定

# /etc/init.d/ntpd start
# /etc/init.d/ntpd enable

動作確認

ntpq コマンドを使えばよい。

# ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
*ntp-a3.nict.go. .NICT.           1 u   36   64  377  158.564   10.139 117.826 [#s789a29c]
+ntp-b2.nict.go. .NICT.           1 u   34   64  377  158.396    9.650 139.330

ntpclient

# opkg install ntpclient

/etc/config/ntpclientを編集する。

config ntpclient
        option hostname 'NTPサーバのIPアドレス'
        option port     '123'
        option count    '1'

config ntpclient
        option hostname 'ntp.ring.gr.jp'
        option port     '123'
        option count    '1'

ntpclientを再起動して、時刻をサーバと同期させる。

# ACTION=ifup /etc/hotplug.d/iface/20-ntpclient

ntpdはlibreadlineへの依存性の問題でパッケージが壊れているので、代わりにopenntpdを使うのが楽。情報源:OpenWrt / ntpd on 7.09


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-14 (火) 03:51:21 (3872d)