Ubuntuに関するページです。

Ubuntuとは

本家 日本サイト

PPA

Ubuntu/PPA

バージョンを調べる

/etc/lsb-release に情報が記載されている。

DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=12.04
DISTRIB_CODENAME=precise
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 12.04.3 LTS"

kernelのバージョンを変えたときに必要な作業

動作に特定のモジュールを要求するアプリがあるので、アップデートなどでkernelのバージョンが変わった時には以下の作業が必要になる。

NVIDIAドライバ

カーネルを変更する前に/etc/X11/xorg.confのバックアップをとっておく。

$ sudo /etc/init.d/gdm stop
$ sh NVIDIA-Linux-x86_64-173.14.05-pkg2.run

/etc/X11/xorg.confを元に戻して、再起動する。(Xを起動するだけでもよいが、一応念のため)

VirtualBox

$ sudo dpkg-reconfigure virtualbox-2.0

or

$ sudo /etc/init.d/vboxdrv setup

VMware Player

2.5からはバージョンの異なるカーネルでVMware Playerを起動すると、モジュール類を作成するか聞かれるので、単にはいと答えるだけでよくなった。

$ sudo vmware_tools

IPv6を無効化する

Ubuntuでは、標準でネットワーク通信の際にIPv6を優先するようで、得に非力なマシンではこの設定がレスポンスの低下につながっている。そんな時には、IPv6を無効化してしまえばよい。

/etc/modprobe.d/aliases を変更する方法

追加
alias net-pf-10 off
alias ipv6 off

以下の行をコメント
# alias net-pf-10 ipv6

/etc/modprobe.d/blacklist を変更する方法

blacklist ipv6		追加する

AMD64版でJapanese Teamによる追加パッケージを利用する。

Ubuntuの日本語環境 | Ubuntu Japanese Teamの記述に従うだけ。

Ubuntu 10.04 LTS (Lucid) の場合

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/lucid.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update 

Ubuntu 9.04 (Jaunty Jackalope) の場合

$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/jaunty.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
$ sudo apt-get update 

Ubuntu 8.10 (Intrepid) の場合

$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/intrepid.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
$ sudo apt-get update 

Ubuntu 8.04 LTS (Hardy) の場合

$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/hardy.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
$ sudo apt-get update

Ubuntu 7.10 (Gutsy) の場合:

$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/gutsy.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
$sudo apt-get update

Ubuntu 6.06 LTS (Dapper) の場合:

$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/dapper.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
$ sudo apt-get update

フォントのインストール

日本語Remix CDだとシステムフォントにIPAフォントが用いられるが、AMD64の場合本家のCDイメージからインストールしなければいけないので、VLゴシックが標準フォントになってしまう。その他、お気に入りのフォントを追加する場合には、以下のようにすればよい。(まだ自信なし)

Ubuntu 12.04 (Precise) AMD64 のインストール

諸々の設定

OpenSSH

鍵生成のアルゴリズムに ECDSA が追加された。以前のサーバから RSA と DSA の鍵は持ってきたので、ECDSA の鍵だけ別途作成する。

$ sudo ssh-keygen -f /etc/ssh/ssh_host_ecdsa_key -t ecdsa -N ''

情報:OpenSSH 5.7p1 で新しい鍵形式(ECDSA)の警告 - matoken’s meme -hatena-

/etc/resolv.conf

/etc/resolv.conf は /etc/resolvconf/resolv.conf.d/base というファイルなどを元に自動生成されるようになったので、直接編集してはいけない。
/etc/resolvconf/resolv.conf.d/base

search		hogehoge.domainname
nameserver	aaa.bbb.ccc.ddd
nameserver	aaa.bbb.ccc.eee

情報:sakura vps を ubuntu 12.04 LTS にあげたら resolv.conf がきえた話 - ”><xmp>TokuLog 改メ tokuhirom’s blo

英語キーボードで日本語入力する

Unity には ALT+~ (grave) を無効にできないというバグがあるので、デフォルトで ALT+grave に割り当てられている機能に別のキーを割り当てるしかない。

阪大理学部科学計算・開発サークル -Circle for Science Caluculation and Development- - Alt+graveで日本語入力する に書いてあるように compizconfig ツールをインストールして起動する。

$ sudo apt-get install compizconfig-settings-manager compiz-plugins-extra
$ ccsm

「Desktop」→「Ubuntu Unity Plugin」

Enable-ALT+grave01.png

→「Switcher」

Enable-ALT+grave02.png

→「"Key to flip through windows in the switcher"」を選択し、適当なキーを割り当てる。

Enable-ALT+grave03.png

情報

tail -f pinzo.log: Ubuntu 12.04 に行ったキーボード関連の設定によると、ATL+`(grave) が Gnome で使われているので、これを解除しないと日本語入力の切り替えに使えない。その通りにやってみたが、どうしてもシステム側に取られてしまって、日本語入力の切り替えに使えなかった。(2012-07-16)

medibuntu から vidoelan へのレポジトリの変更

2013/09/11 で medibuntu プロジェクトが終了した(公式アナウンス)ので、それを引き継いた videolan プロジェクトにレポジトリを変更する必要がある。

medibuntu のレポジトリを削除して、以下の videolan 用のレポジトリを追加する。

deb http://download.videolan.org/pub/debian/stable/ /
deb-src http://download.videolan.org/pub/debian/stable/ /

Ubuntu 10.04 (Lucid) AMD64のインストール

X の起動前に "init: ureadahead-other main process terminated with status 4" とエラーが出て、ログイン画面に入れない

ureadahead-other main process terminated: xubuntu setup informationによれば、1パーティションでなく、/ と /boot を分けたりすると、こうなるらしい。対策は、

  • /etc/init/ureadahead.conf
    start on starting mountall start on (runlevel [!0123456])
  • /etc/init/ureadahead-other.conf
    start on mount DEVICE=[/UL]* MOUNTPOINT=/?* start on (runlevel [!0123456]) 
    とすればよいらしい。(未確認)

GRUB2

GRUB2では直接メニューファイルを編集するのはいけないらしいので、カーネルの更新がある度にメニューのリストが増加してしまう。インストールされているカーネルは自動的に検出されるので、不用な linux-image はアンインストールしたほうがよい。

また、手動で GRUB2 の /boot/grub/grub.cfg ファイルを生成するには、update-grub コマンドを用いる。

Window ボタンの位置を変更する

Lucid から Window ボタンの位置が Mac OSX のように左上に配置されるようになってしまった。MS Windows のように戻すには、gconf-editor を起動して、「/apps/metacity/general」を開き、button_layoutの値をの値を以下のように書き換えればよい。

menu:maximize,minimize,close

Sun Java

Lucidから sun-java6で始まるパッケージが、multiverse から「Ubuntu Partner Repository」に変更されたので、APTラインに以下の行を追加する必要がある。

## 'partner' repository.
deb http://archive.canonical.com/ubuntu lucid partner
deb-src http://archive.canonical.com/ubuntu lucid partner

あるいは、以下のコマンドを実行する。

$ sudo add-apt-repository 'deb http://archive.canonical.com/ lucid partner'
$ sudo apt-get update 

mplayer がエラーを吐いて異常終了する

mplayer を立ち上げてビデオ再生しようとすると、

Error opening/initializing the selected video_out (-vo) device.

というエラーを吐いて、どのビデオも再生できない。

なぜかはわからないが、ビデオ出力用のドライバ指定が xmga になっていて、これがうまく動かないらしい。これを x11 に変更すればよい。具体的には、.mplayer/gui.conf ファイル中の vo_driver の項を以下の用に変更する。

vo_driver = "x11"

Flash Playerのインストール

以前は、Flashのインストールは大変であったが、現在はパッケージが作成されているので簡単にインストールできる。(ただし、32bit版)

$ sudo apt-get install flashplugin-nonfree

Adobeのサイトでは64bit版の Flash Player も公開されていたが、アーキテクチャの変更とセキュリティ対策のため、2010-07-04 現在中止されている。
We have temporarily closed the Labs program of Flash Player 10 for 64-bit Linux, as we are making significant architectural changes to the 64-bit Linux Flash Player and additional security enhancements. We are fully committed to bringing native 64-bit Flash Player for the desktop by providing native support for Windows, Macintosh, and Linux 64-bit platforms in an upcoming major release of Flash Player. We intend to provide more regular update information on our progress as we continue our work on 64-bit versions of Flash Player. Thank you for your continued help and support. Stay tuned to the Flash Player discussion forum for further announcements.

Nvidia ドライバ

Lucid をインストールした際に、モニタも pivot が可能な DELL 2410 に更新した。前から一つのモニタはブラウザやソースフィル編集用に縦長 (Portrait)、もう一つはメールや表計算ソフト用に横長 (Landscape) モードで使用していたが、設定方法がよく分からなかったので、それぞれ別の X screen として利用していた。今回、いろいろと調べた結果、ようやく全体を1つの仮想 Screen として 実モニタ間で Window を移動できるようになった。

具体的には、Linux Dual Monitor Setup: Nvidia & Xinerama Guide: Rotating just one monitor « Shinobu’s Secrets の内容にしたがい、nvidia-settings で基本的な情報を取得した後、/etc/X11/xorg.conf を適宜編集すればよい。ただし、自分の例では DFP-1 を Landscape モードで Screen 0 として右側に、DFP-0 を Portrait モードで Screen 1 として左側に配置している。

filexorg.conf

# nvidia-settings: X configuration file generated by nvidia-settings
# nvidia-settings:  version 1.0  (buildd@yellow)  Fri Apr  9 11:51:21 UTC 2010
#
# xorg.conf for Dual Monitor with rotating one monitor
#
#    http://zuttobenkyou.wordpress.com/2009/10/04/linux-nvidia-xinerama-guide-rotating-just-one-monitor-in-a-dual-head-setup/
#

Section "ServerLayout"
    Identifier     "Layout0"
    Screen      0  "Screen0" 1200 330	# Span: 1200x360 .. 3120x1560
    					#   minor change of verical position
					#   fo my monitor layout
    Screen      1  "Screen1"    0   0	# Span:    0x  0 .. 1200x1920
    InputDevice    "Keyboard0" "CoreKeyboard"
    InputDevice    "Mouse0" "CorePointer"
    Option         "Xinerama" "1"
EndSection

Section "Files"
EndSection

Section "InputDevice"

    # generated from default
    Identifier     "Mouse0"
    Driver         "mouse"
    Option         "Protocol" "auto"
    Option         "Device" "/dev/psaux"
    Option         "Emulate3Buttons" "no"
    Option         "ZAxisMapping" "4 5"
EndSection

Section "InputDevice"

    # generated from default
    Identifier     "Keyboard0"
    Driver         "kbd"
EndSection

Section "Monitor"

    # HorizSync source: edid, VertRefresh source: edid
    Identifier     "Monitor0"
    VendorName     "DELL"
    ModelName      "DELL U2410"
    HorizSync       30.0 - 81.0
    VertRefresh     56.0 - 76.0
    Option         "DPMS"
EndSection

Section "Monitor"
    Identifier     "Monitor1"
    VendorName     "DELL"
    ModelName      "DELL U2410"
    HorizSync       30.0 - 81.0
    VertRefresh     56.0 - 76.0
    Option         "DPMS"
    Option         "Rotate" "CCW"	# for portrait mode
EndSection

Section "Device"
    Identifier     "Device0"
    Driver         "nvidia"
    VendorName     "NVIDIA Corporation"
    BoardName      "GeForce GTX 285"
    Option         "RandRRotation" "on"
    BusID          "PCI:3:0:0"
    Screen          0
EndSection

Section "Device"
    Identifier     "Device1"
    Driver         "nvidia"
    VendorName     "NVIDIA Corporation"
    BoardName      "GeForce GTX 285"
    Option         "RandRRotation" "on"
    BusID          "PCI:3:0:0"
    Screen          1
EndSection

Section "Screen"
    Identifier     "Screen0"
    Device         "Device0"
    Monitor        "Monitor0"
    DefaultDepth    24
    Option         "metamodes" "DFP-1: nvidia-auto-select +0+0"
    SubSection     "Display"
        Depth       24
    EndSubSection
EndSection

Section "Screen"
    Identifier     "Screen1"
    Device         "Device1"
    Monitor        "Monitor1"
    DefaultDepth    24
    Option         "metamodes" "DFP-0: nvidia-auto-select +0+0"
    SubSection     "Display"
        Depth       24
    EndSubSection
EndSection

最新の安定版をインストールする

2010-07-21 現在の Stable version は 256.35 なので、これに入れ替えたい。

ネットラジオを聴く

streamtuner2

streamtuner が定番で、ネットにもいろいろと情報が上がっているが、0.99.99 は SHOTcast.com の仕様変更に対応していないので、聴ける局数が激減している。まだ Ubuntu のレポジトリには登録されていないが、streamtuner2 が sourceforge で開発中で、これを使えば SHOUTcast も聴けるようになる。

2013-12-30 Ubuntu 12.04 ではパッケージが登録されていたので、

$ sudo apt-get install streamtuner2

でインストールできた。

開発元から Debian/Ubuntu 用の deb ファイルをダウンロードして、以下の手順でインストールする。

$ sudo apt-get install python-lxml python-pyquery python-keybinder python-webob
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
提案パッケージ:
  python-lxml-dbg
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  python-keybinder python-lxml python-pyquery python-webob
アップグレード: 0 個、新規インストール: 4 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
1 個のパッケージが完全にインストールまたは削除されていません。
914kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 3,527kB のディスク容量が消費されます。
$ sudo dpkg -i streamtuner2-2.0.7.deb
(データベースを読み込んでいます ... 現在 222294 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
streamtuner2 2.0.7 を (streamtuner2-2.0.7.deb で) 置換するための準備をしています ...
streamtuner2 を展開し、置換しています...
streamtuner2 (2.0.7) を設定しています ...
man-db のトリガを処理しています ...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
python-gmenu のトリガを処理しています ...
Rebuilding /usr/share/applications/desktop.ja_JP.utf8.cache...
python-support のトリガを処理しています ...

起動すると最初に設定メニューが立ち上がるので、適当に設定しておく。

streamtuner2.png

radiotray

トレイに常駐するインターネットラジオ再生ソフト。

12.04 では Ubuntu 用のパッケージがレポジトリに含まれていたので、apt-get でインストールすればよい。多分、日本語も大丈夫?

Ubuntu用の deb ファイルが開発サイトにあるので、それをダウンロードしてインストールするだけ。(ただし、phthon-lxml に依存しているので、事前にインストールしておくこと。)

$ sudo apt-get install python-lxml
$ sudo dpkg -i radiotray_0.6_all.deb

後は、聴きたいネットワークラジオ局を追加するだけ。ただし、文字化けすることがある。
対応前

Miku-prev.png

適当にメモ帳 radiotray 文字化け対策を参考にして、~/.profile の最終行に

export GST_TAG_ENCODING=CP932

を追加してログオフ、ログインすればよい。
対応後

Miku-mod.png

デスクトップ機は Multi-Monitor にしているので、以下のメッセージが出て、トレイに表示されない。プログラム自体は起動しているようだ。

$ radiotray &
[1] 2652
$ Xlib:  extension "RANDR" missing on display ":0.0".
Loading configuration...
/home/hoge/.local/share/radiotray/bookmarks.xml
/home/hoge/.local/share/radiotray/config.xml
PLS playlist decoder
M3U playlist decoder
ASX-familiy playlist decoder
XSPF playlist decoder
ASF playlist decoder
RAM playlist decoder

extension "RANDR" missing on display ":0.0". は他のアプリケーションでも表示されることがあるので、本腰を入れて原因究明に取り組む必要ありか?

streamtheworld.com の局を聴く

フロリダに住んでいた頃によく聴いていたFM局 WZKY などは、streamtheworld.com でライブ放送をしていて、ブラウザの専用 Flash 上で聴ける。Back to The American Top 40 追加情報Get the stream (pls) of a streamtheworld radio « Arnaud Lejosne's creations によれば、Winamp などのストリーミング対応プレイヤーで聴く場合には、以下のルールで URL を指定すればよいみたい。

FM局の場合:http://provisioning.streamtheworld.com/pls/(コールサイン)FM.pls
AM局の場合:http://provisioning.streamtheworld.com/pls/(コールサイン)AM.pls

例えば、WKZYの場合は、

http://provisioning.streamtheworld.com/pls/WKZYFM.pls

となる。ただし、 CKOI のように、FMの後にAACが付加される場合もあるので注意。

http://provisioning.streamtheworld.com/pls//CKOIFMAAC.pls

streamtuner2 では手動でラジオ局を追加する方法が分からなかったので、既存の bookmark を修正して他のネットラジオと統一的に扱えるようにした。

Ubuntu 8.04(hardy) AMD64のインストール

AMD64版には日本語ローカライズドDesktop CDはないので、ミラーサイトからAMD64用のイメージファイルをダウンロードし、CD-ROMに焼いてからインストールする。インストール後に、適当なレポジトリを指定して必要なパッケージをインストールすれば、日本語化は可能である。

Nvidiaドライバ

8.04からは「システム」→「システム管理」→「Hardware Driver」にプロプライエタリなドライバが表示されるようになった。ここで「有効にする」にチェックを入れると、自動的にnvidia-glx-newパッケージをダウンロードしてインストールしてくれる。ただし、ダウンロード先に指定したサイトが落ちているとインストールされないので注意。(当たり前のことだが、これに気づくのに結構時間がかかった。)

ドライバがインストールされると、再起動を要求されるので再起動する。nvidia-settingsパッケージをインストールすれば、GUIベースで簡単に画面の解像度などを設定できる。ただし、画面を回転させるPivot機能を有効にするには、Option "RandRRotation" "on" を直接/etc/X11/xorg.confファイルを追加する必要がある。

Pivot機能を設定する際には、「システム」→「設定」→「外観の設定」→「視覚効果」で視覚効果を切っておく必要があった。一度回転させてしまえば、視覚効果を設定しても動くようだ。(十分には確認してないが。)

xrandrコマンドで回転の方向などを設定できる。しかし、起動後に毎回設定しなければならず、/etc/X11/xorg.confに記述できないものか調査中。

filexorg.conf-separate-screens

# nvidia-settings: X configuration file generated by nvidia-settings
# nvidia-settings:  version 1.0  (buildd@yellow)  Tue Mar  4 20:28:57 UTC 2008

# xorg.conf (X.Org X Window System server configuration file)
#
# This file was generated by dexconf, the Debian X Configuration tool, using
# values from the debconf database.
#
# Edit this file with caution, and see the xorg.conf manual page.
# (Type "man xorg.conf" at the shell prompt.)
#
# This file is automatically updated on xserver-xorg package upgrades *only*
# if it has not been modified since the last upgrade of the xserver-xorg
# package.
#
# If you have edited this file but would like it to be automatically updated
# again, run the following command:
#   sudo dpkg-reconfigure -phigh xserver-xorg

Section "ServerLayout"
    Identifier     "Default Layout"
    Screen      0  "Screen0" 1680 0
    Screen      1  "Screen1" LeftOf "Screen0"
EndSection

Section "Module"
    Load           "glx"
EndSection

Section "ServerFlags"
    Option         "Xinerama" "0"
EndSection

Section "InputDevice"
    Identifier     "Generic Keyboard"
    Driver         "kbd"
    Option         "XkbRules" "xorg"
    Option         "XkbModel" "pc105"
    Option         "XkbLayout" "us"
EndSection

Section "InputDevice"
    Identifier     "Configured Mouse"
    Driver         "mouse"
    Option         "CorePointer"
EndSection

Section "Monitor"
    Identifier     "Configured Monitor"
EndSection

Section "Monitor"
    Identifier     "Monitor0"
    VendorName     "Unknown"
    ModelName      "LG L226WTQ"
    HorizSync       28.0 - 83.0
    VertRefresh     56.0 - 75.0
EndSection

Section "Monitor"
    Identifier     "Monitor1"
    VendorName     "Unknown"
    ModelName      "LG L226WTQ"
    HorizSync       28.0 - 83.0
    VertRefresh     56.0 - 75.0
EndSection

Section "Device"
    Identifier     "Configured Video Device"
    Driver         "nvidia"
    Option         "NoLogo" "True"
EndSection

Section "Device"
    Identifier     "Videocard0"
    Driver         "nvidia"
    VendorName     "NVIDIA Corporation"
    BoardName      "GeForce 7900 GS"
    BusID          "PCI:2:0:0"
    &color(red){Option          "RandRRotation" "on"};
    Screen          0
EndSection

Section "Device"
    Identifier     "Videocard1"
    Driver         "nvidia"
    VendorName     "NVIDIA Corporation"
    BoardName      "GeForce 7900 GS"
    BusID          "PCI:2:0:0"
    &color(red){Option          "RandRRotation" "on"};
    Screen          1
EndSection

Section "Screen"
    Identifier     "Default Screen"
    Device         "Configured Video Device"
    Monitor        "Configured Monitor"
    DefaultDepth    24
EndSection

Section "Screen"
    Identifier     "Screen0"
    Device         "Videocard0"
    Monitor        "Monitor0"
    DefaultDepth    24
    Option         "TwinView" "0"
    Option         "metamodes" "DFP-0: nvidia-auto-select +0+0"
EndSection

Section "Screen"
    Identifier     "Screen1"
    Device         "Videocard1"
    Monitor        "Monitor1"
    DefaultDepth    24
    Option         "TwinView" "0"
    Option         "metamodes" "DFP-1: nvidia-auto-select +0+0"
EndSection

日本語ディレクトリ名の変更

Gusty(Ubuntu 8.04)からデフォルトのディレクトリ名が日本語になってしまった。(例えば、デスクトップとか音楽とか)端末で作業をすることが多いので、邪魔くさいこと極まりない。これらのディレクトリ名を英語に戻すには、以下のコマンドを実行すればよい。

$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

ディレクトリ名を英語にするかどうか聞かれるので、変換するを選択する。ログインしなおすと、今度はフォルダ名を日本語にするか再び聞かれるので、これはDon't ask againにチェックした後、Keepを選ぶ。(情報:mousehouse - weblog: Gutsyのフォルダ名を日本語から英語に直す
(2008-06-13 補足:日本語名のディレクトリ配下にファイルが存在すると、英語名のディレクトリは作成してくれるが、日本語ディレクトリ以下のファイルはコピーされず、日本語名のディレクトリも残ってしまう。手動で移動して、日本語ディレクトリを削除する必要あり。)

プリンタの設定

「システム」→「システム管理」→「印刷」と進んで、プリンタの設定を行う。手持ちのBrother HL-1870NはUbuntuの標準でドライバが登録してあり、設定は簡単だった。唯一悩んだのは両面印刷の設定で、長辺を綴じるようにするには、「プリンタオプション」→「Duplex」で「DuplexNoTumble」を選択すればよい。

ちなみに、Firefoxの印刷がうまくできなかったが、先にページ設定で用紙サイズと印刷方向を正しく指定する必要があるようだ。

jermパッケージの作成

jermはKANDA Toshihiro(Candy)氏が開発しているシリアル通信プログラムである。通常のシリアル通信機能の他に、シリアル-TCP 変換サーバ機能もあるので、jermが動いているマシンをFA-11のようなシリアル-イーサ変換器として使うことができる。Debian/Utuntu用のパッケージはないので、自前でパッケージを作成する。

  • パッケージ作成に必要なパッケージをインストールし、ソースコードをダウンロードして、dh_makeコマンドで雛形ファイルを自動生成する。
    参考:2008-03-18 - 駆け馬に無知:[作業ログ][Debian]slコマンドのパッケージを作る。
    $ sudo aptitude install build-essential devscripts dh-make lintian fakeroot cdbs
    $ mkdir workingdir
    $ cd workingdir
    $ wget http://www.bsddiary.net/jerm/jerm-8096.tar.gz
    $ tar zxvf jerm-8096.tar.gz
    $ cd jerm-8096
    $ dh_make --createorig
    
    Type of package: single binary, multiple binary, library, kernel module or cdbs?
     [s/m/l/k/b] s
    
    Maintainer name : hogehoge
    Email-Address   : hogehoge@unknown 
    Date            : Tue, 13 May 2008 15:53:08 +0900
    Package Name    : jerm
    Version         : 8096
    License         : blank
    Type of Package : Single
    Hit <enter> to confirm: 
    Done. Please edit the files in the debian/ subdirectory now. You should also
    check that the jerm Makefiles install into $DESTDIR and not in / .
  • debianディレクトリが作られ、その下にいくつかファイルが生成されるが、.exや.EXファイルはサンプルなので削除する。
    $ ls debian
    README.Debian  docs                jerm.doc-base.EX  preinst.ex
    changelog      emacsen-install.ex  manpage.1.ex      prerm.ex
    compat         emacsen-remove.ex   manpage.sgml.ex   rules
    control        emacsen-startup.ex  manpage.xml.ex    watch.ex
    copyright      init.d.ex           menu.ex
    cron.d.ex      init.d.lsb.ex       postinst.ex
    dirs           jerm-default.ex     postrm.ex
    $ rm debian/*.{ex,EX}
    $ ls debian
    README.Debian  changelog  compat  control  copyright  dirs  docs  rules
  • パッケージ作成に必要なファイルの編集
    • debian/control
      Source: jerm
      Section: comm
      Priority: extra
      Maintainer: hogehoge <hogehoge@kerokero>
      Build-Depends: debhelper (>= 5)
      Standards-Version: 3.7.2
      
      Package: jerm
      Architecture: any
      Depends: ${shlibs:Depends}, ${misc:Depends}
      Description: jerm - a serial console tool.
       http://www.bsddiary.net/jerm/00README
    • debian/changelog
      dchコマンドを実行する。(この時、デフォルトのエディタが起動されるので、好みに応じて環境変数EDITORを設定しておくとよい。)
      $ export EDITOR=vi
      $ dch
      以下のように書き換える。
      jerm (8096-1) unstable; urgency=low
      
        * Initial release
        * 
      
       -- hogehoge <hogehoge@kerokero>  Wed, 14 May 2008 13:55:50 +0900
    • debian/copyright
      filejerm-copyright
  • Makefileの編集
    --- jerm-8096.orig/Makefile
    +++ jerm-8096/Makefile
    @@ -8,6 +8,8 @@
     CFLAGS=-g -pipe -Wall $(JUPITER_FLAGS) $(LIBWRAP_FLAGS)
     #LDFLAGS=-static
     LDLIBS=-lm # -lwrap  # if linux, add '-lnsl'
    +BINDIR=/usr/bin
    +MANDIR=/usr/share/man
     
     SRCS=jerm.c
     OBJS=jerm.o
    @@ -17,6 +19,11 @@
     jerm: $(OBJS)
            $(CC) $(LDFLAGS) -o $@ $(OBJS) $(LDLIBS)
     
    +install:
    +       install -d ${DESTDIR}${BINDIR}
    +       install -m 755 jerm ${DESTDIR}${BINDIR}
    +       install -d ${DESTDIR}${MANDIR}/man1
    +       install -m 755 jerm.1 ${DESTDIR}${MANDIR}/man1/
     clean:
            rm -f $(OBJS) jerm $(.CURDIR)/errs tiocdtr
     
  • READMEファイルの文字コード変換
    READMEファイルの文字コードがEUC-JPなので、UTF-8に変換しておく。
    $ kcc -c README
    README:	EUC
    $ iconv -f EUC-JP -t UTF-8 README > README
  • ビルドする
    $ debuild -us -uc
     fakeroot debian/rules clean
    dh_testdir
    dh_testroot
    rm -f build-stamp configure-stamp
    # Add here commands to clean up after the build process.
    /usr/bin/make clean
    make[1]: ディレクトリ `/home/itou-r/build/jerm/jerm-8096' に入ります
    rm -f jerm.o jerm /errs tiocdtr
    make[1]: ディレクトリ `/home/itou-r/build/jerm/jerm-8096' から出ます
    dh_clean 
     dpkg-source -b jerm-8096
    dpkg-source: building jerm in jerm_8096.orig.tar.gz
    dpkg-source: building jerm in jerm_8096-1.diff.gz
    dpkg-source: building jerm in jerm_8096-1.dsc
     debian/rules build
    dh_testdir
    # Add here commands to configure the package.
    touch configure-stamp
    dh_testdir
    # Add here commands to compile the package.
    /usr/bin/make
    make[1]: ディレクトリ `/home/itou-r/build/jerm/jerm-8096' に入ります
    cc -g -pipe -Wall -DJUPITER    -c -o jerm.o jerm.c
    jerm.c: In function ‘read_local’:
    jerm.c:1394: 警告: pointer targets in initialization differ in signedness
    jerm.c: In function ‘server’:
    jerm.c:1512: 警告: pointer targets in passing argument 3 of ‘accept’ differ in signedness
    cc  -o jerm jerm.o -lm 
    cc -g -pipe -Wall -DJUPITER     tiocdtr.c  -lm  -o tiocdtr
    make[1]: ディレクトリ `/home/itou-r/build/jerm/jerm-8096' から出ます
    #docbook-to-man debian/jerm.sgml > jerm.1
    touch build-stamp
     fakeroot debian/rules binary
    dh_testdir
    dh_testroot
    dh_clean -k 
    dh_installdirs
    # Add here commands to install the package into debian/jerm.
    /usr/bin/make DESTDIR=/home/itou-r/build/jerm/jerm-8096/debian/jerm install
    make[1]: ディレクトリ `/home/itou-r/build/jerm/jerm-8096' に入ります
    install -d /home/itou-r/build/jerm/jerm-8096/debian/jerm/usr/bin
    install -m 755 jerm /home/itou-r/build/jerm/jerm-8096/debian/jerm/usr/bin
    install -d /home/itou-r/build/jerm/jerm-8096/debian/jerm/usr/share/man/man1
    install -m 755 jerm.1 /home/itou-r/build/jerm/jerm-8096/debian/jerm/usr/share/man/man1/
    make[1]: ディレクトリ `/home/itou-r/build/jerm/jerm-8096' から出ます
    dh_testdir
    dh_testroot
    dh_installchangelogs 
    dh_installdocs
    dh_installexamples
    dh_installman
    dh_link
    dh_strip
    dh_compress
    dh_fixperms
    dh_installdeb
    dh_shlibdeps
    dh_gencontrol
    dpkg-gencontrol: warning: unknown substitution variable ${misc:Depends}
    dh_md5sums
    dh_builddeb
    dpkg-deb: `../jerm_8096-1_amd64.deb' にパッケージ `jerm' を構築しています。
     dpkg-genchanges
    dpkg-genchanges: including full source code in upload
    dpkg-buildpackage (debuild emulation): full upload (original source is included)
    Now running lintian...
    W: jerm source: debian-rules-ignores-make-clean-error line 40
    W: jerm source: out-of-date-standards-version 3.7.2 (current is 3.7.3)
    W: jerm: package-contains-empty-directory usr/sbin/
    W: jerm: readme-debian-contains-debmake-template
    W: jerm: copyright-lists-upstream-authors-with-dh_make-boilerplate
    W: jerm: copyright-contains-dh_make-todo-boilerplate
    E: jerm: description-starts-with-package-name
    W: jerm: description-synopsis-might-not-be-phrased-properly
    W: jerm: new-package-should-close-itp-bug
    Finished running lintian.
  • インストール
    一つ上のディレクトリにパッケージが作成されるので、これをインストールする。
    $ cd ..
    $ ls
    jerm-8096            jerm_8096-1.dsc            jerm_8096-1_amd64.deb
    jerm-8096.tar.gz     jerm_8096-1_amd64.build    jerm_8096.orig.tar.gz
    jerm_8096-1.diff.gz  jerm_8096-1_amd64.changes
    $ sudo dpkg -i jerm_8096-1_amd64.deb
    [sudo] password for hogehoge:
    未選択パッケージ jerm を選択しています。
    (データベースを読み込んでいます ... 現在 102283 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
    (jerm_8096-1_amd64.deb から) jerm を展開しています...
    jerm (8096-1) を設定しています ...

MP3ファイルのID3タグの文字コードを一括変換する

Windowsで作成したMP3ファイルのID3タグは文字コードがShift JISなので、Ubuntuのプレーヤで再生するとタイトルなどが文字化けする。EasyTAGを使うと、一括変換できる。詳しくは、ここを参照のこと。

DVDなど動画を見られるようにする

情報源:net3: Ubuntu 8.04 で DVD 再生

$ sudo wget http://www.medibuntu.org/sources.list.d/hardy.list -O /etc/apt/sources.list.d/medibuntu.list
$ sudo apt-get update && sudo apt-get install medibuntu-keyring apturl && sudo apt-get update
$ sudo apt-get install libdvdcss2 w64codecs totem-xine libxine1-plugins

Adobe Readerのインストール

AdobeのサイトからDebian用パッケージをダウンロードできるが、これは32bitバージョン専用である。しかし、32bitライブラリ ia32-libs をインストールすれば AMD64版でも使えるようになる。

$ sudo aptitude install ia32-libs

次に、Adobeのサイトから、「Linux - x86 (.deb)」→「日本語」→「続ける」→「Adobe Reader 9.1.2」を選択して、debファイルをダウンロードして、以下のコマンドでインストールする。

$ sudo dpkg -i --force-architecture AdbeRdr9.1.2-1_i386linux_jpn.deb
dpkg - 警告、--force が有効なので、問題を無視します:
 パッケージアーキテクチャ (i386) がシステム (amd64) と一致しません
未選択パッケージ adobereader-jpn を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 222490 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(AdbeRdr9.1.2-1_i386linux_jpn.deb から) adobereader-jpn を展開しています...
adobereader-jpn (9.1.2) を設定しています ...

man-db のトリガを処理しています ...

これで一応インストールはされた。以下のコマンドで動作確認できる。

  • 9.1.2 の場合
    $ acroread 
    Gtk-Message: Failed to load module "canberra-gtk-module": /usr/lib/gtk-2.0/modules/libcanberra-gtk-module.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    /usr/lib/gio/modules/libgiogconf.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    Failed to load module: /usr/lib/gio/modules/libgiogconf.so
    /usr/lib/gio/modules/libgioremote-volume-monitor.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    Failed to load module: /usr/lib/gio/modules/libgioremote-volume-monitor.so
    /usr/lib/gio/modules/libgvfsdbus.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    Failed to load module: /usr/lib/gio/modules/libgvfsdbus.so
  • 8.1.1 の場合
    $ acroread
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-scim-bridge.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: Loading IM context type 'scim-bridge' failed
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-scim-bridge.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: Loading IM context type 'scim-bridge' failed
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-scim-bridge.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: Loading IM context type 'scim-bridge' failed
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-scim-bridge.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: Loading IM context type 'scim-bridge' failed
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-scim-bridge.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: Loading IM context type 'scim-bridge' failed
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-scim-bridge.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: Loading IM context type 'scim-bridge' failed
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-scim-bridge.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: Loading IM context type 'scim-bridge' failed
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/filesystems/libgio.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-scim-bridge.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: Loading IM context type 'scim-bridge' failed
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-scim-bridge.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: Loading IM context type 'scim-bridge' failed
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-scim-bridge.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: Loading IM context type 'scim-bridge' failed
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-scim-bridge.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: Loading IM context type 'scim-bridge' failed
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-scim-bridge.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: Loading IM context type 'scim-bridge' failed
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-scim-bridge.so: wrong ELF class: ELFCLASS64
    (acroread:10661): Gtk-WARNING **: Loading IM context type 'scim-bridge' failed
    最後に、Firefoxのプラグインをインストールする。
    $ sudo apt-get install nspluginwrapper
    パッケージリストを読み込んでいます... 完了
    依存関係ツリーを作成しています                
    状態情報を読み取っています... 完了
    以下のパッケージが新たにインストールされます:
      nspluginwrapper
    アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 22 個。
    192kB のアーカイブを取得する必要があります。
    この操作後に追加で 561kB のディスク容量が消費されます。
    取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com jaunty/multiverse nspluginwrapper 1.2.2-0ubuntu5 [192kB]
    192kB を 0s で取得しました (333kB/s)
    未選択パッケージ nspluginwrapper を選択しています。
    (データベースを読み込んでいます ... 現在 222954 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
    (.../nspluginwrapper_1.2.2-0ubuntu5_amd64.deb から) nspluginwrapper を展開しています...
    man-db のトリガを処理しています ...
    nspluginwrapper (1.2.2-0ubuntu5) を設定しています ...
    plugin dirs:
    Auto-update plugins from /usr/lib/mozilla/plugins
    Looking for plugins in /usr/lib/mozilla/plugins
    Auto-update plugins from /usr/lib64/mozilla/plugins
    Looking for plugins in /usr/lib64/mozilla/plugins
    Auto-update plugins from /usr/lib/firefox/plugins
    Looking for plugins in /usr/lib/firefox/plugins
    Auto-update plugins from /usr/lib64/firefox/plugins
    Looking for plugins in /usr/lib64/firefox/plugins
    Auto-update plugins from /root/.mozilla/plugins
    Looking for plugins in /root/.mozilla/plugins
    
    $ sudo nspluginwrapper -i /opt/Adobe/Reader9/Browser/intellinux/nppdf.so

Firefox 3.0.3で日本語メニューを表示する

2008-11-12 Ubunutのアップデートをかけたら、Firefoxのバージョンが3.0.1に上がり、メニューが英語に変わってしまった。3.0.1で導入したJapanese Language Packは3.0.3では互換性がないとされ、日本語化に失敗しているようである。ここに同じ症状で困っている人がおり、解決策も示されていた。

$ sudo apt-get install language-pack-ja=1:8.04+20080805 language-pack-gnome-ja=1:8.04+20080805
[sudo] password for itou-r: 
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
  libnet-ssleay-perl libmodule-pluggable-perl libossp-uuid-perl
  libcrypt-ssleay-perl libmime-tools-perl libemail-abstract-perl libmime-perl
  libfile-desktopentry-perl libfcgi-perl libnet-jabber-perl libfile-temp-perl
  libxml-stream-perl libsoap-lite-perl libemail-date-perl libtime-piece-perl
  debian-keyring libfile-basedir-perl libnet-xmpp-perl equivs
  libconvert-binhex-perl libio-socket-ssl-perl libossp-uuid15
  libmime-lite-perl libemail-simple-perl
これらを削除するには 'apt-get autoremove' を利用してください。
以下のパッケージは「ダウングレード」されます:
  language-pack-gnome-ja language-pack-ja
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、ダウングレード: 2 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
1119kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に 725kB のディスク容量が解放されます。
続行しますか [Y/n]? y
取得:1 http://ftp.jaist.ac.jp hardy-updates/main language-pack-gnome-ja 1:8.04+20080805 [599kB]
取得:2 http://ftp.jaist.ac.jp hardy-updates/main language-pack-ja 1:8.04+20080805 [520kB]
1119kB を 11s で取得しました (101kB/s)                                         
dpkg - 警告: language-pack-gnome-ja のバージョンを 1:8.04+20080929 から 1:8.04+20080805 にダウングレードしています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 215629 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
language-pack-gnome-ja 1:8.04+20080929 を (.../language-pack-gnome-ja_1%3a8.04+20080805_all.deb で) 置換するための準備をしています ...
language-pack-gnome-ja を展開し、置換しています...
dpkg - 警告: language-pack-ja のバージョンを 1:8.04+20080929 から 1:8.04+20080805 にダウングレードしています。
language-pack-ja 1:8.04+20080929 を (.../language-pack-ja_1%3a8.04+20080805_all.deb で) 置換するための準備をしています ...
language-pack-ja を展開し、置換しています...
language-pack-gnome-ja (1:8.04+20080805) を設定しています ...
language-pack-ja (1:8.04+20080805) を設定しています ...
itou-r@c2quad:~$ sudo apt-get install language-pack-ja=1:8.04+20080805 language-pack-gnome-ja=1:8.04+20080805

その後、アップデートマネージャで20080929版にバージョンアップされて、特に問題は発生しなかった。

Firefox 3.0.1で日本語メニューを表示する

2008-07-14 Ubuntuのアップデートをかけたら、Firefoxのバージョンが3.0.1に上がり、メニューが英語に変わってしまった。どうも、3.0と互換性がなくなったようで、自分で3.0.1用を探してインストールした。

参考:たわごと: FireFox 3.0 rc1 を日本語化

GUIでscpを使う

Nautilusで簡単にsftpサーバにログインできて、GUIでファイルの操作ができる。「場所」→「サーバへ接続」→「サービスの種類:SSH」→「サーバ名」、「ポート番号:省略可」、「フォルダ」、「ユーザ」を指定して、パスワードを入力すればよい。
参考:Any good SFTP gui clients? - Ubuntu Forums

Flashが見られるようにする

Adobe Flash Playerは32bit版しか公開されていないので、amd64でも32bit版のライブラリが使えるようにする。

$ sudo aptitude install nspluginwrapper flashplugin-nonfree lib32nss-mdns

上記のコマンドを実行すると、自動的にAdobeからflash player 9をダウンロードして、設定してくれる。

FireFoxのバージョンアップなどでFlashが見られなくなったら、以下のコマンドを実行して再設定する。

$ sudo aptitude reinstall nspluginwrapper flashplugin-nonfree
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
拡張状態情報を読み込んでいます      
パッケージの状態を初期化しています... 完了
タグのデータベースを構築しています... 完了  
以下のパッケージは『再インストール』されます:
  flashplugin-nonfree nspluginwrapper 
0 個のパッケージを更新、 0 個を新たにインストール、 2 個を再インストール、 0 個を削除予定、0 個が更新されていない。
131kB のアーカイブを取得する必要があります。 展開後に 0B のディスク領域が新たに消費されます。
拡張状態情報を書き込んでいます... 完了
取得:1 http://ftp.jaist.ac.jp hardy-backports/multiverse flashplugin-nonfree 10.0.1.218+10.0.0.525ubuntu1~hardy1+really9.0.124.0ubuntu2 [18.9kB]
取得:2 http://ftp.jaist.ac.jp hardy/multiverse nspluginwrapper 0.9.91.5-2ubuntu2 [113kB]
131kB を 0s 秒でダウンロードしました (189kB/s)               
パッケージを事前設定しています ...
(データベースを読み込んでいます ... 現在 214458 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
flashplugin-nonfree 10.0.1.218+10.0.0.525ubuntu1~hardy1+really9.0.124.0ubuntu2 を (.../flashplugin-nonfree_10.0.1.218+10.0.0.525ubuntu1~hardy1+really9.0.124.0ubuntu2_amd64.deb で) 置換するための準備をしています ...
flashplugin-nonfree を展開し、置換しています...
nspluginwrapper 0.9.91.5-2ubuntu2 を (.../nspluginwrapper_0.9.91.5-2ubuntu2_amd64.deb で) 置換するための準備をしています ...
nspluginwrapper を展開し、置換しています...
nspluginwrapper (0.9.91.5-2ubuntu2) を設定しています ...
flashplugin-nonfree (10.0.1.218+10.0.0.525ubuntu1~hardy1+really9.0.124.0ubuntu2) を設定しています ...
Installing from local file /var/cache/flashplugin-nonfree/install_flash_player_9_linux.tar.gz
Flash Plugin installed.

パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
拡張状態情報を読み込んでいます      
パッケージの状態を初期化しています... 完了
タグのデータベースを構築しています... 完了  

Xenのインストールと設定

リンク

Ubuntu-ja 7.04 ("Feisty Fawn") のインストール

CD-ROMを使ったインストール

普通に[ここ>[http://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu-7-04-Japanese]]からダウンロードしたイメージファイルをCD-Rに焼き、そのCDを使って立ち上げる。後は、画面にしたがってインストールするだけ。/bootディレクトリが含まれるパーティションをxfsにしてしまうとGRUBがインストールされないので、/boot用のパーティションをext3で作成したのが注意点か。

Nvidiaビデオドライバのインストール

Hardyでは nvidia-glx-new ドライバをインストールしても、1回だけ screen 1 を左回転できたが、それ以外では画面表示がおかしくなった。以前のバージョンでは画面の解像度で変更できていたはずなので、謎。

Feistyには nvidia-glx-new という新しいドライバができているので、これをインストールして設定するだけ。

$ sudo apt-get install nvidia-glx-new
$ sudo nvidia-xconfig
Password:

Using X configuration file: "/etc/X11/xorg.conf".
Backed up file '/etc/X11/xorg.conf' as '/etc/X11/xorg.conf.backup'
New X configuration file written to '/etc/X11/xorg.conf'

このままでは最高で1024x768までしか解像度があがらないので、/etc/X11/xorg.confを編集する。インストールし直したら、最初から1280x1024に設定されていて、以下の作業は不要であった。(2007-05-03)

CRTL+ALT+BackSpaceでXを再起動すると、Nvidiaドライバが読み込まれる。xengineの値が27,400→187,000と改善された。

& sudo vi /etc/X11/xorg.conf

SubSection "Display"
Depth 24
Modes "1280x1024" "1024x768" "800x600" "640x480"
EndSubSection

念のため、再起動すると1280x1024の解像度になる。

Ubuntu-ja 5.10 ("The Breezy Badger") のインストール

CD-ROMを使ったインストール

Ubuntu-jaのサイトからブートCDのイメージファイルをダウンロードして、CD-Rに焼く。後はCDから立ち上げ、メニューにしたがってインストールする。Debian Sargeと比べ、kernelも2.6.8と新しめなので、かなりのデバイスを自動認識する。

割と新しめ or 特殊なチップやボードを使ったマシンの場合

玄人志向社製のVIA VT6122を搭載したGbE-PCI2はインストーラが自動認識しなかったような(記憶不鮮明)

ネットワークの設定

Debianでは/etc/network/interfacesファイルをviなどで編集することにより、マシンのIPアドレスを設定することができる。

固定IPの場合

auto eth0
iface eth0 inet static
        address IPアドレス(例えば、192.168.4.1)
        netmask ネットマスク(例えば、255.255.255.0)
        netwoark ネットワークアドレス(例えば、192.168.4.0)
        broadcast ブロードキャストアドレス(例えば、192.168.4.255)
        gateway ゲートウェイアドレス(例えば、192.168.4.254)
        

DHCPの場合

auto eth0
iface eth0 inet dhcp

日本語環境の設定

$ sudo apt-get install language-env
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています... 完了
推奨パッケージ:
  ncurses-term
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  language-env
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
183kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に追加で 1532kB のディスク容量が消費されます。

$ set-lanuage-env
Setting up users' native language environment
by modifying their dot-files.
Type "set-language-env -h" for help. 

1 : be  (Bielaruskaja,Belarusian)
2 : bg  (Bulgarian)
3 : ca  (Catala,Catalan)
4 : da  (Dansk,Danish)
5 : de  (Deutsch,German)
6 : es  (Espanol,Spanish)
7 : fr  (Francais,French)
8 : ja  (Nihongo,Japanese)
9 : ko  (Hangul,Korean)
10 : lt  (Lietuviu,Lithuanian)
11 : mk  (Makedonski,Macedonian)
12 : pl  (Polski,Polish)
13 : ru  (Russkii,Russian)
14 : sr  (Srpski,Serbian)
15 : th  (Thai)
16 : tr  (Turkce,Turkish)
17 : uk  (Ukrajins'ka,Ukrainian)
Input number > 8
パッケージ一覧を取得しています...
Canna サーバーが動いていません。
ネットワークのどこか別のコンピュータで Canna サーバーが動いていますか [y/N] n
Wnn サーバーが動いていません。
ネットワークのどこか別のコンピュータで Wnn サーバーが動いていますか [y/N] n
SKK サーバーが動いていません。
ネットワークのどこか別のコンピュータで SKK サーバーが動いていますか [y/N] n
Anthy が動いています。
PRIME が動いていません。
日本語には関係のない様々な設定を行いますか [Y/n] y

------- /home/itour/.Xresources --------
X Window System で動くプログラムの設定です。

設定を行いますか  [Y/n] y
設定します...
新しいファイル "/home/itour/.Xresources" を作ります...

------- /home/itour/.bash_profile --------
bash 使用時に、ログイン時に実行されます。
単に、.bashrc を実行するだけの内容です。

設定を行いますか  [Y/n] y
設定します...

------- /home/itour/.bashrc --------
bash が起動するときに実行されます。
さまざまな設定をしているので、目を通しておいてください。

設定を行いますか  [Y/n] y
設定します...

------- /home/itour/.canna --------
Canna の設定です。

設定を行いますか  [Y/n] n
設定しません。

------- /home/itour/.cshrc --------
csh が起動するときに実行されます。
さまざまな設定をしているので、目を通しておいてください。

設定を行いますか  [Y/n] y
設定します...
新しいファイル "/home/itour/.cshrc" を作ります...

------- /home/itour/.emacs --------
emacs の設定です。
emacs20, emacs21 に対応しています。
xemacs21 は、.xemacs/init.el で設定します。

設定を行いますか  [Y/n] y
設定します...
Canna の状態: 使えません。
Wnn の状態: 使えません。
SKK の状態: 使えません。
Anthy の状態: ローカル
PRIME の状態: 使えません。
emacs では、漢字変換にはどれを使いますか 1=Canna 2=Wnn 3=SKK 4=Anthy 5=PRIME  =none  (1..6, [Enter]=4) 4
Anthyのemacsでの入力方式としてどれを使いますか 1=anthy-el 2=Egg  (1..2, [Enter]=1) 1
新しいファイル "/home/itour/.emacs" を作ります...

------- /home/itour/.inputrc --------
bash など、readline ライブラリを用いたプログラムの設定です。

設定を行いますか  [Y/n] y
設定します...
新しいファイル "/home/itour/.inputrc" を作ります...

------- /home/itour/.xsession --------
xdm を使って X Window System にログインしたときに実行されます。
また、startx や xinit を使って X を起動したときにも実行されます。

設定を行いますか  [Y/n] y
設定します...
新しいファイル "/home/itour/.xsession" を作ります...

------- /home/itour/.xemacs/init.el --------
xemacs21 の設定です。

設定を行いますか  [Y/n] y
設定します...
Canna の状態: 使えません。
Wnn の状態: 使えません。
SKK の状態: 使えません。
Anthy の状態: ローカル
PRIME の状態: 使えません。
emacs では、漢字変換にはどれを使いますか 1=Canna 2=Wnn 3=SKK 4=Anthy 5=PRIME 6=none  (1..6, [Enter]=4) 4
新しいファイル "/home/itour/.xemacs/init.el" を作ります...
--------------------
  設定が終了しました。設定を有効にするには、一度ログアウトしてから再びログインしてください。
  それぞれのドットファイルを読んで、どのように変更されたか確認してください。気に入らない設定は、直接変更するか、'language-env end' 以降の行に再設定を書き加えてください。
  詳しくは /usr/share/doc/language-env/README.ja.eucJP.gz を参照して下さい。

以下に示すパッケージをインストールして下さい。
uim-anthy, uim-xim, ja-trans, manpages-ja, jless, kterm, doc-debian-ja, anthy-el

以下のロケールをインストールしてください。
(/etc/locale.gen を編集し、locale-gen を実行する)
ja_JP.eucJP ("ja_JP.EUC-JP EUC-JP" in /etc/locale.gen)

[Enter] キーを押してください。終了します。

TeXのインストール

参考:Debian GNU/Linux (Sarge)でのLaTeX導入備忘録

 $ sudo apt-get install gs gs-esp gs-cjk-resource
 パッケージリストを読みこんでいます... 完了
 依存関係ツリーを作成しています... 完了
 gs-esp は既に最新バージョンです。
 以下の特別パッケージがインストールされます:
   gs-gpl
 推奨パッケージ:
   psfontmgr
 以下のパッケージが新たにインストールされます:
   gs gs-cjk-resource gs-gpl
 アップグレード: 0 個、新規インストール: 3 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
 3890kB のアーカイブを取得する必要があります。
 展開後に追加で 12.6MB のディスク容量が消費されます。
 
 gs-cjk-resource (1.20021122-2) を設定しています ... 
 Can't exec "/usr/bin/mkcfm": そのようなファイルやディレクトリはありません at
 /var/lib/defoma/scripts/x-ttcidfont-conf.defoma line 791.

 $ sudo apt-get install ptex-bin xdvik-ja dvipsk-ja
 パッケージリストを読みこんでいます... 完了
 依存関係ツリーを作成しています... 完了
 以下の特別パッケージがインストールされます:
   libt1-5 libwww-ssl0 ptex-base tetex-base tetex-bin tetex-extra texinfo
 提案パッケージ:
   jbibtex-bin jmpost mendexk gv postscript-viewer xpdf-reader pdf-viewer
   chktex lacheck rubber
 推奨パッケージ:
   dvi2ps-fontdata-ja tetex-doc dialog psutils texi2html perl-tk
 以下のパッケージが新たにインストールされます:
   dvipsk-ja libt1-5 libwww-ssl0 ptex-base ptex-bin tetex-base tetex-bin
   tetex-extra texinfo xdvik-ja
 アップグレード: 0 個、新規インストール: 10 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
 32.2MB のアーカイブを取得する必要があります。
 展開後に追加で 117MB のディスク容量が消費されます。

 $ sudo apt-get install okumura-clsfiles vfdata-morisawa5
 パッケージリストを読みこんでいます... 完了
 依存関係ツリーを作成しています... 完了
 以下の特別パッケージがインストールされます:
   ptex-jisfonts
 提案パッケージ:
   dvi2ps-fontdesc-morisawa5 dvi2ps ttf-sazanami-mincho ttf-sazanami-gothic
 以下のパッケージが新たにインストールされます:
   okumura-clsfiles ptex-jisfonts vfdata-morisawa5
 アップグレード: 0 個、新規インストール: 3 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
 829kB のアーカイブを取得する必要があります。
 展開後に追加で 3437kB のディスク容量が消費されます。

 $ sudo update-texmf

 $ sudo apt-get install dvipdfmx
 パッケージリストを読みこんでいます... 完了
 依存関係ツリーを作成しています... 完了
 以下のパッケージが新たにインストールされます:
   dvipdfmx
 アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
 258kB のアーカイブを取得する必要があります。
 展開後に追加で 680kB のディスク容量が消費されます。

 $ sudo apt-get install cmap-adobe-cns1 cmap-adobe-gb1 cmap-adobe-japan1 cmap-adobe-japan2
 パッケージリストを読みこんでいます... 完了
 依存関係ツリーを作成しています... 完了
 cmap-adobe-japan1 は既に最新バージョンです。
 以下のパッケージが新たにインストールされます:
   cmap-adobe-cns1 cmap-adobe-gb1 cmap-adobe-japan2
 アップグレード: 0 個、新規インストール: 3 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
 1077kB のアーカイブを取得する必要があります。
 展開後に追加で 3674kB のディスク容量が消費されます。


 $ vi /etc/texmf/texmf.d/50dvipdfmx.cnf
 CMAPINPUTS = .;/usr/share/fonts/cmap/adobe-japan1//;/usr/share/fonts/cmap/adobe-japan-2//;/usr/share/fonts/cmap/adobe-gb1//;/usr/share/fonts/cmap/adobe-cns1//;/usr/share/fonts/cmap/gs-cjk-resource//
 $ sudo update-texmf

Emacsのインストール

参考:Ubuntu 5.10 "The Breezy Badger"インストール個人的ノート

$ sudo apt-get install emacs21 emacs21-el emacs-goodies-el aspell-el
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  emacs21-bin-common emacs21-common emacsen-common liblockfile1 libungif4g
  xaw3dg
推奨パッケージ:
  dict perl-doc
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  aspell-el emacs-goodies-el emacs21 emacs21-bin-common emacs21-common
  emacs21-el emacsen-common liblockfile1 libungif4g xaw3dg
アップグレード: 0 個、新規インストール: 10 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
21.5MB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に追加で 77.1MB のディスク容量が消費されます。

auctex

$ sudo apt-get install auctex
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  make
提案パッケージ:
  catdvi lacheck
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  auctex make
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
1075kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に追加で 3752kB のディスク容量が消費されます。

Athlon64へのUbuntu 6.10 "Edgy Eft"のインストール

AMD64版の日本語インストールCDは公開されていないので、いったん英語版CD-ROMでインストールした後、日本語パッケージを入れる必要がある。詳しくはUbuntu Japanese Teamのページを参照のこと。

aptのレポジトリに以下の2行を追加する。

deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja edgy/
deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja edgy-ja/

Synapticの使いかたをよく理解していないせいかうまくできなかったので、コマンドラインで apt-get install ubuntu-desktop-ja を実行した。

フォントの設定

標準では「アプリのフォント」にSansが用いられており、カタカナと漢字で表示位置の高さが違うなどして、非常に不細工。これを例えばIPAPGothicなどに変えると割りとよい漢字になる。

トラブル対応

ASUS M2N-Eで音が出ない

カーネルがサウンドデバイスをUSB接続として認識するのが原因らしい。詳しくは以下のサイトを参照のこと。

X-Windows の起動途中で止まる

「設定サーバに問題があるようです(/usr/lib/libconf2-4/gconf-sanity-check-2がステータス256で終了しました)」というメッセージを表示して、GNOME が正常に起動しなかった。いろいろ調べてみると、/tmp のアクセス権が以上になったのが原因らしい。なので、テキストモードで起動して、/tmp のアクセス権を 777 にすればよい。

$ sudo chmod 777 /tmp

拡張子が ts のファイルが MPEG-2トランスポートストリームとメッセージカタログの2種類に認識されてしまう。

/usr/share/mime/packages/Overrides.xml を以下のように作成すればよい

<?xml version='1.0' encoding='utf-8' ?>
<mime-info xmlns="http://www.freedesktop.org/standards/shared-mime-info">
  <mime-type type="video/mp2t">
    <comment>mpeg-2 transport streams</comment>
    <glob pattern="*.ts" />
  </mime-type>
</mime-info>

以下のコマンド発行して変更を反映させる。

sudo update-mime-database /usr/share/mime

CD-ROM/DVD-ROM のイメージファイルを作成する

  1. デスクトップの CD-ROM を右クリックし、[ディスクのコピー...] をクリック。
  2. [コピー先] に [ファイル・イメージ] を選択し、[書き込む] をクリックする。

参考

PowerPC版

7.0.4から正式サポートではなくなったが、まだ細々とPowerPC版も提供されている。時間が取れれば、遊んでいる初代iMacにでもインストールしてみようか。

misc


添付ファイル: fileEnable-ALT+grave03.png 402件 [詳細] fileEnable-ALT+grave02.png 376件 [詳細] fileEnable-ALT+grave01.png 360件 [詳細] fileMiku-mod.png 571件 [詳細] fileMiku-prev.png 555件 [詳細] filestreamtuner2.png 609件 [詳細] fileScreenshot.png 570件 [詳細] filexorg.conf 1051件 [詳細] filejerm_8096-1_amd64.changes 612件 [詳細] filejerm_8096-1_amd64.build 596件 [詳細] filejerm_8096-1.dsc 618件 [詳細] filejerm_8096-1.diff.gz 596件 [詳細] filejerm_8096-1_amd64.deb 303件 [詳細] filejerm-copyright 1408件 [詳細] filexorg.conf-separate-screens 849件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-12-30 (月) 08:34:59 (1911d)