Webcamに関するページです。

fswebcam

V4L1とV4L2両方の規格に対応したWebcamから画像をキャプチャするソフト。X-Windowも必要でないので、動作に必要なパッケージも少なく済みそう。

ビルド

Debian

debパッケージ作成に必要なスクリプトが提供されているので、それを使ってビルドすればよい。

$ sudo aptitude install libgd2-dev
$ mkdir workdir
$ cd workdir
$ wget http://www.firestorm.cx/fswebcam/files/fswebcam-20070108.tar.gz
$ tar zxvf fswebcam-20070108.tar.gz
$ cp fswebcam-20070108.tar.gz fswebcam_20070108.orig.tar.gz
$ cd fswebcam-20070108
$ debuild -us -uc

(2009/11/28追記)Debian 5.0.2では下記のUbuntu同様debian/controlを変更(libgd2の書き換え+cdbs挿入)をしなければならないらしい.

Ubuntu

Debian同様にdebパッケージ作成用のスクリプトを利用すればよいが、libgd2-devがUbuntuでは仮想パッケージがなく、libgd2-noxpm-devとlibgd2-xpm-devに分けられているので、debian/controlを以下の用に修正する。

$ diff -Nur debian/control.orig debian/control
--- debian/control.orig	2008-07-08 19:19:07.000000000 +0900
+++ debian/control	2008-07-08 19:19:28.000000000 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 Section: graphics
 Priority: optional
 Maintainer: Philip Heron <phil@firestorm.cx>
-Build-Depends: debhelper (>= 4.0.0), libgd2-dev
+Build-Depends: debhelper (>= 4.0.0), libgd2-noxpm-dev | libgd2-xpm-dev
 Standards-Version: 3.6.1
 
 Package: fswebcam

Ubuntu 8.10では、さらに以下の修正が必要(未確認)

$ diff -Nur debian/control.orig debian/control
--- debian/control.orig	2008-07-08 19:19:07.000000000 +0900
+++ debian/control	2008-07-08 19:19:28.000000000 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 Section: graphics
 Priority: optional
 Maintainer: Philip Heron <phil@firestorm.cx>
-Build-Depends: debhelper (>= 4.0.0), libgd2-dev
+Build-Depends: debhelper (>= 4.0.0), cdbs, libgd2-noxpm-dev | libgd2-xpm-dev
 Standards-Version: 3.6.1
 
 Package: fswebcam

あとはDebianの場合と同じ。

キャプチャ

fswebcam -d デバイス名 -p パレット名 -r 解像度

$ fswebcam -d /dev/video0 -p YUYV -r 1600x1200 output.jpeg

Creative Optia AF (0x41e:0x4058)だと、撮影した画像の下部に赤線が入り、その下の画像が暗めになる現象が生じる。(こことか、こことか、ここでも同じ症状が出ている。)EyeToyではこのような現象は見られない。

オプション

fswebcamよく使うoption集
option                   機能
-c <file> ,--config      fileの中で指定されたoptionを元にfswebcamを実行
                        fileの中のoptionはlong optionの--を取ったもので記述
          (添付ファイルを参考にしてください)
-v, --verbose            process詳細表示
--log [file/syslog:]<filename> log先を指定
-d, --device             deviceを指定(defaultは/dev/video0)
-F, --frame <number>     frame数を指定(defaultは1)
-s, --set                画像やdevice parameterのcontrolに使用される
                        --list-controlsで変更できる物や範囲を表示(カメラによって異なる)
--no-banner              banner無しにする
--top-banner             bannerを上に設置
--banner-colour <#AARRGGBB>
                        bannerの色を変える(AAの記述無しでも可能,16進法を用いる)
--line-colour <#AARRGGBB> lineの色を変える(上に同じ)
--text-colour <#AARRGGBB> textの色を変える(上に同じ)
--font <file:font-size>  画像中に使用するfontを指定
--title <text>           左に記入される文字列を指定
--timestamp <text>       時間を右下に記述(defaultは%Y-%m-%d %H:%M (%Z))
--save                   saveするfile名を指定

とりあえず,こんな感じです。
banner-colourで透明にするには#FF000000にすればいいらしいです。

リンク

mjpg-streamer

Virutual Machine上でのテスト

VMware Player 2.5.1

Guest OS: Ubuntu 8.10上でfswebcamによるキャプチャに成功。(ただし、vmware-toolsがまだUbuntu-8.10に対応していないので注意:2008-12-09現在)

VirtualBox 2.0.6

Guest OS: Ubuntu 8.10上でfswebcamによるキャプチャは、タイムアウトになり失敗。VirualBox Guest Additions driverはインストールできて、シームレスな環境だけに残念。

uvccapture

misc


添付ファイル: filefsconfig 612件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-18 (水) 18:00:05 (2097d)